きれいな肌を取り戻せる?ニキビ跡の治し方とは?

赤みがあるニキビ跡の解決法

ニキビ跡を綺麗にしたいならば、どんな跡ができているのか種類を知るのが大事です。
まず、ニキビ跡の中でもできることが多い赤みがあるタイプは、炎症は治ったのに赤みが残っているもので毛細血管が原因なんですよ。皮膚が炎症でダメージを受けてしまうと、毛細血管をつくって修復するため流れる血液の量が多くなります。顔の皮膚は身体のなかでも薄いので、この血管が透けてしまうことによって赤みの跡になってしまうんです。
このような炎症を改善したいならば、ターンオーバーの促進をして肌を新しく生まれ変わらせましょう。ごわついた肌をやわらかくする保湿成分や、炎症を抑える成分が含まれているスキンケア用品を選ぶことをおすすめします。

色素沈着やクレータータイプのニキビ跡

茶色いニキビ跡が目立って実年齢よりも肌が老けているという場合はメイクで隠すこともできますが、なるべくスキンケアで綺麗にしましょう。茶色いシミができてしまうのはメラニンが原因であり、刺激や紫外線といったことが要因となりできてしまいます。ターンオーバーで肌を整えれば茶色いシミも自然と薄くなっていきますが、美白成分が含まれたスキンケア用品でケアするのも大切です。美白成分によって色素沈着を薄くし、メラニンが生成されるのを抑えましょう。
最後にでこぼこのクレーター型になっている跡は、自力のケアだけでは完全に綺麗にできないケースが多いです。完治を目指しているならば、皮膚科クリニックなどに相談してみましょう。

© Copyright Acne Scars Often. All Rights Reserved.