ニキビ跡を悪化させない!正しい洗顔の方法とは?

ニキビは「泡で洗う」と心得る

ニキビを改善するには、洗顔料や化粧品をあれこれ検討するだけではなく、洗顔の方法そのものを見直す必要があります。
ニキビは皮膚が炎症を起こしている状態です。炎症を悪化させないためにも、刺激を与えることなく洗うことが重要になります。そこで大切になるのが、泡で洗うというテクニック。洗顔料をたっぷり泡立てて、手と顔の間に泡のクッションを挟むような感覚で洗うのがベストです。
ニキビの原因菌を落とそうと手や指で擦ってしまうのは厳禁。それでは炎症が余計にひどくなってしまいます。洗顔ブラシの使用も避けましょう。
たっぷりの泡を作るのが大切なポイントです。泡立ちのいい洗顔料を、洗顔ネットなので十分泡立てて使うようにしましょう。洗顔料をケチって少量しか使わないと泡立ちが悪くなるので、適量をしっかり使うことも大切です。

使う水の注意点あれこれ

顔全体を洗い終えたら、素早くぬるま湯で泡を流します。たまに汚れを浮かそうと泡を顔に乗せたままでいる人がいますが、これは肌によくない習慣です。泡で洗っただけでも十分汚れは落ちているので、速やかに洗い流してください。
この時使う水は、32~34度くらいのぬるま湯を使うのがベストです。湯船のお湯は大体40度前後で熱すぎるので、使ってはいけません。流す時のお湯の温度が高すぎると、それだけ必要な皮脂も一緒に流してしまうことになります。面倒くさいと思っても、水でお湯をぬるくしてから使うようにしてください。
洗い終わったら、清潔なタオルで顔を拭きましょう。ここで油断してゴシゴシ擦ってしまうと、肌やニキビを傷付けてしまいます。ぽんぽんと軽くたたくようにして水気を取るようにしてください。

© Copyright Acne Scars Often. All Rights Reserved.